最近の記事

2016年10月14日

広島王手。瞬間視聴率50%超え

 広島がDeNAに連勝した13日のCSファイナルS第2戦DeNA戦(マツダ)を生中継した地元局・広島ホームテレビ(テレビ朝日系)の平均視聴率(後7・00〜9・00)が43・5%(ビデオリサーチ調べ、広島地区)だったことが14日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後8時58分の54・8%。

 25年ぶりのリーグ優勝を決めた9月10日の巨人戦は、平均視聴率60・3%(NHK、広島地区)を記録。広島地区における2016年度(4月4日〜)の全番組通じての最高視聴率で、1981年以降の歴代平均視聴率としては、広島がリーグ優勝を決めた86年10月12日のヤクルト―広島戦の63・5%(テレビ新広島)に次ぐ歴代2位。また、試合中継のみならず、リーグ優勝を取り扱ったバラエティー番組も地元・広島で高視聴率を叩き出すなど、注目度の高さが視聴率に表れている。

 広島は13日、DeNAに連勝し、対戦成績3勝0敗(リーグ優勝アドバンテージを含む)とした。野村祐輔投手(27)の6回零封に始まり、2戦連続完封勝ち。黒田博樹投手(41)の先発が濃厚な14日の第3戦に勝つか引き分ければ、25年ぶりの日本シリーズ進出が決まる。
IMG_3222.JPG


posted by ししまる at 10:39 | 愛知 ☁ | Comment(0) | ____セ・リーグの部屋___ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンク逆転。柳田復調

 ソフトバンクの意地を見た。逆転勝利を呼び込んだのは、8回の松田の一発だ。それまでファイナルSで6打席連続無安打だったが、2点を追う2死無走者からの本塁打。日本ハムの守護神・マーティンはクイックに難がある。1点差に迫ったことで、より大きな重圧をかけることができた。

 柳田の復調も大きい。初回はワンバウンドのフォークに空振り三振。頭が前に突っ込んで、タイミングが取れていなかった。それでも積極的にバットを振っていくのが、彼の最大の持ち味。5回にCS初安打となる内野安打が出た。面白いもので、打者は「H」のランプがともるだけでガラリと変わることがある。9回の決勝打は、基本である中堅に打ち返す打撃。打線は11安打のうち、9本がセンターから逆方向におっつけたものだった。前日は大谷らの完封リレーの前に1安打。その反省を生かした。

 日本ハムはマーティンが9回1死で福田に与えた死球が痛恨だった。最後は相手の足攻に屈したが、足を絡めた攻撃は自らのお家芸でもある。短期決戦。今後の両指揮官の駆け引きも楽しみだ。

ソフトバンク
020000013 計6
日本ハム
000112000 計4

投 手
ソフトバンク
中田―東浜―森福―岩嵜―サファテ
日本ハム
増井―石井―宮西―マーティン―谷元
 
【勝】
岩嵜 1勝 0敗 0S
【負】
マーティン 0勝 1敗 0S
【S】
サファテ 0勝 0敗 1S

本塁打
ソフトバンク
松田1号
日本ハム
レアード1号

IMG_3222.JPG
posted by ししまる at 10:32 | 愛知 ☁ | Comment(0) | ____パ・リーグの部屋___ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金子侑司と三田パン交際復活!?産婦人科から出てきた!?

 上戸彩や松嶋菜々子らが出産したことで知られる東京・港区にある、芸能人御用達のセレブ産婦人科。10月上旬の夕方、本誌記者は、大きなマスクを付けて病院に入るミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナ(29)を目撃した。

 彼女は午後の情報番組『直撃LIVE グッディ!』の進行役を務めており、この4月に退社した加藤綾子アナ(31)に続くエースアナと言われている。

 さらに記者を驚かせたのは、それから約1時間後、夜間通用口から出てきた彼女を迎えに来た男性だった。白い高級外車に乗ったその男性は、西武ライオンズの金子侑司(26)。今季パ・リーグの盗塁王に輝いた期待の選手である。

 この2人、かねてから交際が取り沙汰されていたが、今年2月に〈ミタパンが西武・金子と破局! 互いの仕事に集中、良い友人関係に〉(サンケイスポーツ2月20日付)と破局報道があった。フジテレビ関係者が言う。

「2人はこれまで何度かあった破局危機を乗り越えて、仲を深めてきた。しかし今年2月には別れを同僚たちにも報告したので、“もう戻らない決意の表われか”と周囲は見ていましたし、本人も“カレとは友達に戻ったの”と言っていました」

 その2人がなぜいまさら? しかも産婦人科!? その後、2人は六本木の高級焼肉店へ。秘伝のピリ辛ダレに浸かったジューシーな肉は精が付くと評判で、金子と向かい合って座ったミタパンは幸せそうな表情を浮かべていた。

 2人はその後も逢瀬を重ねていた。産婦人科デートから3日後、西武ドームで練習を終えた金子が車を飛ばして向かった先は、ミタパンの自宅。彼女をピックアップすると、しばし都内をドライブデートし、次に停まったのは金子の自宅だった。
 
 どうやら交際の“復活”は間違いないところだが、2人で産婦人科ということは、まさか──。フジテレビに問うと、「(三田アナの)姉が出産してお見舞いに行ったためと聞いております」と回答。ミタパンも本誌がフジに確認した直後に〈baby〉と題したブログを更新し、甥っ子の誕生を報告した。ミタパンの知人が言う。

「老舗劇場『明治座』の社長である三田の父親は、金子君がプロとして一流の成績を残していないことを理由に交際に反対していたそうです。しかし、今季はタイトルも取って、来季の年俸大幅アップも間違いない。今度こそ認めてもらえる可能性が出てきたのでは」

 2人の交際についてフジも西武も「プライベートについてはお答えしません」との回答。だが、今後の金子の活躍次第では、姉に続く“おめでた”もあるかも。

IMG_3217.JPG
posted by ししまる at 10:01 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 西武の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

2016年10月11日つぶやき
































posted by ししまる at 00:01 | 愛知 ☁ | Comment(0) | ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

辻新監督秋季練習視察

西武の辻監督が11日、秋季練習を視察した。就任後、西武第二球場に姿を見せるのは2度目となったが、前回(6日)は冒頭で就任挨拶をしたのみだったため、実際に選手たちの動きを見たのはこの日が初めてとなった。

 練習開始予定の10時より15分ほど前、ジャージ姿でグラウンドに現れると、早速ウォーミングアップ時から、コーチングスタッフや選手たちと積極的にコミュニケーションをはかった。

 練習では、内外野ノック、打撃、走塁など、主に野手の動きを熱心に見つめていたが、それ以上に「コーチといろいろ話ができてよかった」と、新指揮官。かねてより「コミュニケーションを大事にしたい」と話していると通り、自ら各コーチの元へ歩み寄り、じっくりと話をする姿が印象的だった。

 また、今後本格的に指揮を執る秋季キャンプでは、実戦に近いトレーニングを行う考えを明かした。中でも、立て直しを託された守備について、投手の守備の重要性にも言及。「ピッチャーにも、練習の練習ではなく、試合に近いくらいの気持ちで投げて守備に入らないといけないという話はしました。ただ、ピッチャーはマウンドで孤独なもの。だからこそ、内野手が大事。間をとったり、声をかけたりなど、ピッチャーを中心に野手も動いていかないと、と思っています」と投手と野手の連携の大切さを語った。

 自身も現役時代、『セカンドの名手』と称されていただけに、報道陣から「監督自らグラブを持って手本を見せることも?」との質問が出ると、「まだまだできますよ!」と、意気込んでみせた。

IMG_3173.JPG
posted by ししまる at 22:44 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 西武の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。