最近の記事

2016年10月14日

パ・リーグ王者の意地。日ハム王手!

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が14日、札幌ドームで行われ、日本ハムの大幅打順変更が功を奏し、ソフトバンクを下し3勝1敗(1勝のアドバンテージを含む)として、4年ぶり7度目の日本シリーズ進出に王手を掛けた。日本ハムは15日に勝つか引き分けると日本シリーズ進出が決まる。

 前日の第2戦で9回に逆転負けを喫した日本ハムは、中島を9番から2番、近藤を2番から5番、レアードを7番から6番、陽を6番から7番、田中を5番から9番と、先発5人の打順を入れ替えて臨んだ。

 その組み換えが初回から大当たり。先頭の西川が四球を選び、中島が送り、大谷が振り逃げで1死一、三塁とし、中田は三振も近藤が左前タイムリーを放ち先制した。さらにレアードが左翼へ2戦連発となる3ランを放ち、一挙4点をものにした。

 その後は6回の1死満塁など、好機を作るが追加点は奪えず。前日に続いて「3番・指名打者」で出場の大谷も振り逃げはあったものの、無安打に終わった。それでも有原は7回を投げ5安打1失点、7奪三振と、要所を締める投球でゲームを作った。

 ソフトバンクは2回、内川、松田の連打で無死二、三塁の好機を作るが生かせず。3回には1死から中村晃が右翼へソロ本塁打を放ち1点を返したが、日本ハムの先発・有原ら投手陣を打ち崩せなかった。

 ▼日本ハム・レアード(初回に近藤の適時打で先制し、なお2死一、二塁から左翼席に2試合連続の3ラン)打ったのはフォーク。2ストライク目をフォークで空振りしたから頭にはあったよ。少し甘く入ってきたところをしっかり振り切れた。流れを引き寄せる一本を打ててよかった。

 ▼日本ハム・近藤(初回2死一、三塁から左前に先制打)打ったのは直球。チャンスだったので初球から狙っていきました。よかったです。久々の5番なので気合はいつも以上に入っています。

 ▼日本ハム・有原(7回5安打1失点の好投)四球がなかったことがよかったです。全体的にゴロを打たせることもできましたし、守備にも助けられました。初回に4点を取ってくれた野手の皆さんにも感謝です。

 ▼ソフトバンク・中村晃(3回1死、右翼席へ1号ソロ) 打ったのはカットボール。相手がリードしているので、いくしかないと思ったからいきました。感触的にはもう少し飛んでるかなと思ったけど、1点返せてよかったです。
IMG_3235.PNG


posted by ししまる at 21:52 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日本ハムの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

育てて勝つ。優勝日ハムの強さの理由

 大きな特徴は、野手のレギュラーの多くが高卒選手で占められている点だ。主な選手では中田(大阪桐蔭)、田中賢(東福岡)、中島(福岡工)、陽岱鋼(福岡第一)、西川(智弁和歌山)、近藤(横浜)が高卒選手だ。
 支配下選手は12球団最少の65人。育成選手は獲らない。ソフトバンクが支配下選手68人、育成選手19人の計87人を擁するのとは対照的だ。選手数を絞り、2軍で多くの出場機会を与える。強化指定選手は、重点的に試合で使う。こうした環境の中で、選手は育っていった。
 さらに選手を生かすためのコンバートにも積極的だ。一塁の中田は外野を、主に左翼を守る西川は内野を経験している。近藤は捕手登録ながら、2014年は三塁、そして今季は右翼を守っている。
 育成の極めつけは大谷だろう。2012年秋、花巻東で注目を集めた右腕はメジャー希望を表明。しかし日本ハムはドラフト会議で敢然と1位指名した。「その年の一番いい選手を1位で指名する」という方針を貫いた。そして前代未聞の二刀流育成プランを提示し、大谷の気持ちを揺さぶり、入団にこぎ着けた。
 前例のないプロでの二刀流には、誰もが懐疑的だった。しかしフロント、現場が一体となり、段階を踏んで大谷の素質を開花させていった。投げては4年間で通算39勝。今季はプロ野球最速164キロを記録し、10勝をマークした。打っては今季、打率3割を超え、22本塁打をマーク。二刀流に異論を挟む余地がない成績を残した。
 通算7度目のリーグ制覇だが、本拠地を北海道に移し、本格的に改革に着手した2004年以降では5度目。球団の確固たる方針が選手の力を最大限に引き出し、大きな実を結んだ。
IMG_3235.PNG
posted by ししまる at 07:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日本ハムの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダルビッシュ、ルーキー齊藤「人としての質が違う」

 ダルも太鼓判!日本ハムのエース・ダルビッシュ有投手(24)が、黄金ルーキー・斎藤の社会人としての言動にお墨付きを与えた。球界の話題を独占している次代のエースに対し、ダルビッシュは自身のルーキー時代を振り返りながら苦笑交じりに比較した。

 「(斎藤と)僕の場合とでは人間としての質が違う。僕はメチャクチャ言ってたし、態度も良くなかった。結局キャンプで、やっちゃってますから」。04年ドラフト1巡目指名で入団。だが22歳の斎藤とは違い、1年目はまだ18歳のヤンチャ盛りだった。沖縄・東風平町での2軍キャンプ中に那覇市内のパチンコ店で喫煙しているところを写真週刊誌に撮られ、球団から無期限の謹慎処分。プロでのスタートは最悪の形だった。

 しかしダルビッシュはすぐに改心。あれから6年がたち、今では現役日本人最高年俸の5億円プレーヤーとなり、名実ともに球界のエースに成長した。ダルビッシュの「質が違う」との発言に「自分も結構ムチャクチャですよ」と話した斎藤からも、最も目標にされている投手でもある。

 この日の商品展示会では公の場でその斎藤と初対面。しかし他の新人選手と一緒にあいさつされた程度で「(控室の)席も違うし、話す時間がなかった」という。それでも過熱する報道に「そっとしてあげてほしい。本人のプレッシャーにもなる」と気遣い、「日本ハムは練習スケジュールは軽いが、(内容などは)ベスト。やり過ぎないようにすれば問題ない」とアドバイスも口にした。

 もちろんダル本人も人気ぶりは健在。場内試食の際には招待客が殺到、5人の係員に囲まれて移動するほどだった。だが、いくら人が群がってもエースの貫禄だ。動じるそぶりもなく「おいしそうだったんでいっぱい食べちゃいました」と笑った。
IMG_3235.PNG
posted by ししまる at 21:57 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日本ハムの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大谷中4日の可能性も!?僕はいけます!

 第2戦に続き「3番・DH」で出場した日本ハムの大谷は4打数無安打。初回1死二塁では空振り三振も振り逃げで出塁し、先制点につなげ「相手のミスで得点できてチーム的には良かった」。第4戦も打者出場する予定だ。

 一方で、吉井投手コーチは第6戦までもつれた際、中4日での大谷の投手起用について「可能性はなくはない」と否定せず、大谷も「僕は“中何日”とか気にしていない。いつでも僕はいける」と言った。また、ナ・リーグ地区シリーズで中1日で救援したドジャース・カーショーの話題にも触れ「中3日と中1日で投げて凄い。そこで抑えるのも凄い」と感嘆の表情だった。 【試合結果】

IMG_3235.PNG
posted by ししまる at 23:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日本ハムの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

大谷翔平165`ってどういうこと?!

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦が16日、札幌ドームで行われ、日本ハムがソフトバンクに7―4で逆転勝利し、4年ぶり7度目の日本シリーズ進出を決めた。9回には3番DH出場の大谷翔平が“サプライズ登板”。自己最速165キロの直球を投げ込む姿に、ツイッター上は騒然となった。

 大谷が登板すると、「まさかの!大谷くん!」「日ハム…大谷くん出てきた!」「大谷が投じた初球、163キロ!」と、期待通りの出鼻にボルテージが上がり始め、ついには「日本新記録!165キロがキターーーー!!」「やめなさい、大谷くん!ヒトに戻れなくなる!」「大谷が165km/h出した時の内川のリアクションwwww」と、大騒ぎとなった。

 そして、異次元に突入していく大谷を前に、コピーライターの糸井重里氏(67)は「大谷を見てあきれている」とつぶやき、ツイッターユーザーの多くも恐れおののきはじめていく。「友達の家でパワプロ対戦して、大谷使ったらクラスで嫌われるレベル」「感謝しないとね。大谷翔平という野球選手をこの目で見られていることに。真剣勝負でこれほど心躍るエンターテイメントを見られる事にね」「すげぇなぁ。子供の頃に夢描いたスーパープロ野球選手が現実に現れた」「ストレート165キロ、フォーク151キロ、スライダー143キロ。大谷の全力投球、恐ろしいね」と称賛の声が相次いだ。
IMG_3248.JPG
posted by ししまる at 18:26 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日本ハムの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。