最近の記事

2016年10月15日

32年ぶりの頂点。緒方監督が感じた選手の成長

 最大6点のリードから一転、1点差まで詰め寄られながらもクライマックスシリーズを突破。広島・緒方監督は「ファンのみなさま、ファイナルステージ突破、おめでとうございます」と絶叫。リーグ優勝を決めてから初の地元凱旋試合でファンに報告をした時の言葉で喜びを爆発させた。

 苦しみながらの勝利に「最後の最後までしびれた」と指揮官。初回に打者11人の猛攻で6得点、その後も追加点を挙げながら気づけばリードは1点差に。それでも最後は中崎が守り切って歓喜の瞬間を迎え「中崎がやってくれると信じていた。期待に応えてくれた」と守護神の踏ん張りを称えた。

 厳しい展開になることを覚悟しながらも「カープの野球」を貫いた。「選手がシリーズを通して成長してくれた。クライマックスシリーズを経験して力を付けてくれた」と日本シリーズへの手応えもつかんだ様子。「カープの野球をやるだけ。全力で頑張ります」とファンに誓った緒方監督。早くも32年ぶりの日本一に標準を合わせていた。
IMG_3240.PNG


posted by ししまる at 21:22 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 広島の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。