最近の記事

2016年01月23日

下り坂で一時は時速100`に!?軽井沢バス

長野県軽井沢町でスキーツアーの大型バスが転落し15人が死亡した事故で、バスの運行記録計(タコグラフ)の記録紙を確認した結果、現場の手前約1キロの峠からの下り坂でバスは一時、100キロ前後のスピードで走行していたとみられることが23日までに、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は、ギア操作の誤りでエンジンブレーキが利かない状態になり、車体を制御できないまま転落に至った可能性があるとみている。今後、記録紙を詳細に分析し、事故直前の走行状況の解明を進める。

 タコグラフの記録紙を確認した結果、事故直前のスピードは時速80キロ前後だったとみられ、制限速度の50キロを大きく上回っていたことが分かっている。
image.jpeg


posted by ししまる at 12:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | yahooトップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。