最近の記事

2016年01月22日

U23.負ければ五輪逃す。イラン戦の先発発表!

サッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権は22日午後10時半(日本時間)からカタール・ドーハで、日本代表が決勝トーナメント準々決勝でイランと対戦する。

【写真特集】サウジ戦で先制弾を決めた大島

 先発が発表され、MFは遠藤、原川のダブルボランチ、FWは南野拓実(ザルツブルク)がベンチスタートとなり、久保とオナイウの2トップとなった。

 決勝トーナメントは勝ち上がってきた8強のうち、上位3チームしか五輪切符を得られない。6大会連続10回目の五輪出場を目指す日本だが、“一発勝負”となるイラン戦で敗れれば五輪出場の可能性は消滅する。

 ただ、この世代は2012年のU19アジア選手権、14年1月のU22のアジア選手権、同年9月のアジア大会でいずれも準々決勝で敗退し、“準々決勝の壁”にぶつかっている。また、手倉森監督の就任以来、先制された試合で勝ったことがないため、「先に点を取らせない」(手倉森監督)ことが重要となる。

 イランはカタールに1−2で敗れたものの、1次リーグA組を2勝1敗の2位で突破。ロングボールでカウンターを狙う中東勢とは違い、パスとドリブルを主体とするチーム。体も強く、アジアでもトップクラスの強豪だ。ただ、1次リーグの失点は日本の1に対し、イランは4と守備に課題がある。

 決勝トーナメントは90分で勝負がつかない場合は延長に突入し、それでも引き分けの場合はPK戦となる。

 日本はイラン戦に勝利すれば、26日にイラク−UAEの勝者と対戦する。

image.jpeg


posted by ししまる at 22:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | yahooトップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。