最近の記事

2016年01月21日

家庭用マッサージ機、事故相次ぐ

疲れを癒やすはずの家庭用マッサージ器に潜む危険。骨折、内出血の相談が相次いでいる。
東京都内の家電量販店で、来店客を気持ちよくおもてなししているのは、家庭用電気マッサージ器。
「ヤマダ電機 LABI品川大井町店」では、マッサージチェアのほか、いすに置くタイプや足専用のものなど、およそ100点のマッサージ器を扱っている。
近年、売り上げが増加し続け、2013年には、およそ195万台が販売された家庭用電気マッサージ器。
しかし、使い方を誤ると、「気持ちいい」が、「痛い」に変わってしまう危険も指摘されている。
21日、国民生活センターが注意喚起を行ったのは、家庭用マッサージ器の使用によって起こったトラブル。
その内容は、「マッサージチェアを、ほぼ毎日、15分使用していたところ、頭痛がし、吐いた。医者に『マッサージチェアが原因だろう』と言われた」、「フットマッサージ器を使用していたところ、太ももが内出血した」、「通販でマッサージチェアを買い、使用したところ、挟まれて肋骨(ろっこつ)が3本折れ、45日間入院した」などというもの。
トラブルを訴える人の6割が60歳以上で、7割が女性だという、家庭用マッサージ器によるトラブル。
およそ5年間で、253件の相談が寄せられている。
中でも、治療期間が1カ月以上となった事例は38件あり、神経・脊髄の損傷が10件、骨折が6件と、重篤なものもあった。
こうした相談は、増加傾向にあるとして、注意を呼びかけている。
マッサージを使っていると起きる、もみ返しや頭痛。
70代女性は「(マッサージ器を)やりながら、(主人が)寝たんでしょうかね」と話した。
20代女性は「もみ返し、すごくあるんですよ。主人が強くやっているやつを、一緒に強くやっちゃうと、もみ返しがきて、体がだるくなる」と話した。
もみ返しや頭痛を防ぐには、どうすればいいのか。
専門家は、マッサージ器を使う前がポイントだという。
久我山整形外科の佐々木 政幸院長は「ストレッチですね。筋肉を緩めることによって、万全の準備をしてから乗ると。ゆっくりと息を吐くようなイメージで、前に(首を)曲げたり、返ったり、右にしたり。できることなら、少し温めながら」と話した。
固まっている筋肉をほぐしてから、マッサージ器を使用することで、もみ返しを防げるという。
しかし一方で、マッサージでもみ返しなどが起こった場合には、そのあとストレッチをすることは逆効果になるという。
久我山整形外科の佐々木院長は「もう、あまりいじくらない。痛くなった直後は、熱を抑える、炎症を抑えるという意味で、冷やした方が楽な方が多い」と話した。
体の疲れを癒やすマッサージ器が、体に毒とならないよう注意が必要。

image.jpeg


posted by ししまる at 20:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | yahooトップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。