最近の記事

2016年01月20日

LINEと浮気と糟糠妻

「糟糠そうこうの妻」という言葉、読めるけれど、書けません。たまーにしかお目にかからない言葉だから。

糟糠の妻と別れる男性心理とは?

 インターネットで語源を調べてみました。「貧しいときから一緒に苦労を重ねてきた妻」とあります。「糟糠」は酒かすと米ぬかのことで、貧しい食事を表すそうです。

 なぜお正月からこんな言葉を調べる気になったのかといえば、もう皆さんお分かりでしょう。人気タレント、ベッキーの深夜の記者会見が理由です。「いけないことだけれど、ベッキーは“マジメに”不倫しているんだろうな。そして、決してあきらめていないんだろうな……」と彼女の涙を見ながら思いました。

 好感度が高いうえ、今までスキャンダルもなかったベッキーの突然の不倫スキャンダル。相手はSMAPなどにも楽曲を提供し、若い世代に圧倒的な人気を誇るアーティストでした。今をときめく彼、実は「糟糠の妻」と結婚したばかりだったのです。

 「なぜミュージシャンは『糟糠の妻』を捨てるのだろうか?」と多くの人たちが疑問に感じたようです。確かミスチルもGLAYもそうでしたよね? その点に関して、作家の五百田いおた達成さんが書いたコラム(男が妻から“卒業”したくなる理由【ゲス川谷・ベッキー不倫騒動】)が納得でした。

 「『これまでの関係・これまでの自分をリセットしたい』『劣っている自分と縁を切りたい』という男性心理があったのでは、というのが私の見立てです」と彼は書いています。その男性心理の根源にあるのは「常に勝ち負けで物事をとらえ、自分の成功が第一で、プライドのためならなんでもできる」からなのだとか。

 しかし男性ミュージシャンなら、誰もが「常に勝ち負けで物事をとらえ」ているのでしょうか? そこで思い出すのが、幸せいっぱいの会見が印象的だったDAIGOと女優の北川景子のカップル。DAIGOも売れないロックミュージシャンでした。しかし彼はロックに必要なハングリー感がない。暗い青春時代を過ごした“陰り”みたいなものが感じられません。だって、元首相の孫ですものね。

 DAIGOを見るといつも感じるのは、「一回もお金の苦労をしたことがなさそう」な人に人は癒やされるということ。ギスギスした世の中になればなるほど、彼のほんわかムードは歓迎されるのだと思います。

 彼が「おじいちゃま、おばあちゃま」というセリフを使っていたのをみたことがあります。ある種の階層の人、特に男性はあまり使わないこの呼び方。こんなに似合うのはDAIGOしかいない。なぜ彼が芸能界で独特のポジションを得られるのか、よくわかります。

 売れない、イケてない自分を知っている人から「卒業したい」売れっ子ミュージシャンと、そういった葛藤を持たないDAIGO。「どちらが女性を幸せにしてくれそうか?」――そう思うと、ベッキーの選択の代償は大きかったのではないでしょうか?

ICTの発達は男女の平和を乱す!?

 そして今回の騒動で一番びっくりしたのはLINEの流出。生々しい会話がすべてすっぱ抜かれていました。

 90年代までの浮気は「目撃談」や「妻のカン」でバレていましたが、今は違います。今はほとんどがケータイ、スマホ、SNS経由でバレるのですね。

 小町にも「夫が不倫しようとしています」というトピがありました。結婚2年目20代のトピ主さんが夫の浮気に気がついたのは、やはり偶然LINEの画面を見てしまったことです。

 「何か嫌な予感がして、初めてLINEを見てしまったのですが、相手は会社でアルバイトに来ている女性でした。去年の年末辺りからやりとりがあって、始めは普通だったのですが途中から『イタズラしちゃうかも(夫)』『その先もする?(夫)』などと書いており、相手の女性も『イタズラしてもいいよ』や『その先もいいよ』などと返信していました」

 なんと生々しい……LINEを見てしまうと、容赦なく現実が迫ってくる。「大昔のラブレターが見つかった」などの比ではないですね。

 浮気ではなくても、LINEでの友達とのバカ話はかなり恥ずかしい。流出してほしくないですが、パスワードなど、一緒に暮らしている夫婦ならいくらでも相手が入力しているのを見る機会がありそうです。

 そして、「スマホを夜も手元においている」「お風呂にまで持っていく」という行動が、妻たちが夫の不倫を疑う第一歩だそうです。しかし敵も然さる者で、友人のモテてモテて困る男性は、スマホは2台持ち。一つは会社の机に入れて、絶対に家に持ち帰らないとか……。

 男と女が平和に仲良くやっていくのは、ICT(情報通信技術)が発達した現代においては、ますます難しくなっているのかもしれません。
image.jpeg


posted by ししまる at 22:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | yahooトップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。