最近の記事

2016年01月19日

イクメンならぬイクジイ

「イクジイ」という言葉が生まれるなど、孫の世話をする祖父母が増える中、昔と今の育児のやり方が変わったことなどから戸惑う人は多い。孫の世話をする上で、どんなことに気を付ければよいのか。孫育ての心得について考えた。
 「今は子どもが泣いたらすぐ抱っこする」。北九州市の女性(62)は2人の娘の育児を見ていつもそう感じる。孫が泣きだして自分が抱っこしても泣きやまないことも多い。「抱き癖がつくから放っておいたら」と娘に言っても、「寂しい思いをさせないのが今のやり方」と言って聞かない。「一理あると思うけど、抱き癖がつくと母親の代わりが誰もできなくなるのでは。何より自分が疲れるだろうに…」とつぶやく。

「イクジイ」増殖中?子育て“戦力外”から“マイスター”に

 孫が2人いる福岡県内の女性(69)は、孫が小さいころ、長女が仕事などで疲れて朝食が作れず、菓子パンを食べさせているのを見て「もっとまともなものを食べさせて」と言い、何度か言い争いになった。「自分も同じことを子どもにしていたのに、孫となると子どもとは違う感情が芽生えてつい口を出してしまう。孫と子どもが幸せに暮らしてほしいだけなのに」
image.jpeg


posted by ししまる at 18:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | yahooトップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。