最近の記事

2016年01月17日

ビール攻勢!商品多様化

ビール大手4社が、市場の縮小が続いてきた国内ビール販売の強化に動いている。発泡酒と第三のビールを含めた2015年のビール類販売は11年連続で減少したが、ビールだけでは前年比0.1%増と19年ぶりの増加に転じた。各社は、期間限定品などを積極的に投入した効果とみており、商品の多様化や若者層へのアピール強化で「ビール復権」を狙う。
 キリンビールは5月から10月にかけ、都道府県別に味を変えた「47都道府県の一番搾り」を順次発売していく。高価格ながら若年層にも人気があり、コンビニエンスストアなどで限定販売されているクラフトビール「グランドキリン」も刷新。布施孝之社長は「ビールをもっと魅力的にする」と需要の掘り起こしに闘志を燃やす。
 サントリービールは「ザ・プレミアム・モルツ」を軸に、定番の「ザ・モルツ」、高価格帯の「マスターズドリーム」の3ブランドで攻勢をかける。水谷徹社長は「苦味や辛口より、今は味わい」と話し、香りやうま味をアピールする考えだ。
 サッポロビールは昨年、主力の「黒ラベル」の味を変えるリニューアルを実施。これが功を奏し、黒ラベル販売量は21年ぶりに前年実績を上回った。今年は初の派生商品も投入する予定で、尾賀真城社長は「ビールに傾注する1年としたい」と意気込む。
 「スーパードライ」の15年販売が前年を割り込んだアサヒビールは、3月に糖質50%オフの「アサヒ ザ・ドリーム」を投入し、挽回を目指す。 
image.jpeg


タグ:ビール 商品
posted by ししまる at 23:10 | 東京 ☔ | Comment(0) | yahooトップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。